子育て支援研修会

今日は、福岡県中小企業振興センターで行われた「平成27年度子育て支援研修会 子育て支援にかたろう」に参加しました。民生委員や保育所、社会福祉協議会などから180名以上の方が参加され、見えにくい子どもの貧困問題について考えました。
まず初めに、幸重社会福祉士事務所代表の幸重忠孝さんから、「子どもの貧困支援に地域ができること」をテーマに、子どもの貧困を背負う家庭の実態や地域ではじめた子どもをひとりぼっちにしない取り組み、地域の居場所づくりから必要な子どもをつなげる仕組みについて公演が行われました。
次に、田川市にある伊加利小鳩保育園の保育士である日野多賀美さんから、早朝から深夜まで働く父親が妻の家出を機に、小学校と保育園に通う兄弟の朝の送り出しができなくなったケースを通して、「保育所における貧困家庭への関わり」について伺いました。ケース会議では、行政や保育園の立場から施設入所などが提案されましたが、父親の「通い慣れた小学校や保育園に行きながら、親子3人で生活したい」との想いを受けて、日野さんは、次男が小学生になるまでの1年間に、兄弟が自分たちで朝の準備ができるようになることを目標にし、 地域やPTAの協力を得ながら、親子3人の生活をサポートしたそうです。
また、NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク(東京都豊島区) 理事長の栗林知絵子さんからは、プレイパークで出会った少年の学習支援を通してできたつながりから、WAKUWAKUネットワークを立ち上げ、月に2回のペースで行っている子ども食堂の取り組みを伺いました。地域の子どもは地域で育てるとの考え方から、通う子どもの要件は設けてず、見守るネットワーク活動を実践しているそうです。
最後に、「子どもの貧困の問題に“地域の子育て力”でどう向き合うか」をテーマに、パネルディスカッションが行われ、参加者の皆さんでやってみたいことを話し合い、「地域」でできることを考えました。
今日の学びを今後の活動に活かしていきたいです。
image

中益サロンで体や栄養の勉強♪

今日、中益公民館で開催された、ふれあい・いきいきサロンにおじゃましました。
市役所の出前講座で栄養の勉強をされたそうで、私がおじゃました時は、サロンメンバーの方手作りの布絵本が紹介されていました。食べ物が体の中に入り、排出されるまでのこと、腸の働きについてなどの内容です。
子どもにも分かりやすく伝わるように、ある絵本を参考に全て手作りで作成されたそうで、体の中や食事の細かい絵も布や糸で表現されています。
m280310
みなさんは真剣に聞き入っておられました。
来年度のサロンもいろんなことをみんなで勉強したいね♪と会話が弾んでいました(^O^)

コラムの募集

毎月発行している嘉麻市社協だより「えがお」では、みなさんからの「声」を募集しています。テーマは特にありませんので、日常の中で感じておられることなどをぜひお聞かせください。
掲載には、いくつかの条件がありますので、同意された上でのお申込みをお願いいたします。
★原稿について
 ・字数は、800字以内です。
 ・タイトルの有無は問いません。
 ・氏名を必ず記載してください。
★コラム掲載について
 ・コラムとともに投稿者の氏名を掲載します。
 ・掲載する場合には、投稿者に事前連絡いたしますので、連絡先を忘れずに記載ください。
★応募方法
 ・氏名、住所、連絡先を明記の上、E-MAIL、郵送、FAXのいずれかの方法でご投稿ください。

E-MAIL tiiki@kama.syakyo.com
郵送先 嘉麻市岩崎1143番地3 嘉麻市社会福祉協議会
FAX 0948-83-8005

【お問い合わせ先】嘉麻市社会福祉協議会 ☎0948-42-0751

春の訪れ

最近、暖かい日が続いていますね。
先日、夢サイト嘉穂の中庭でつくしを見つけました(*^‧^*)
280308
遠賀川沿いの土手にも、ビニール袋を持ってつくしとりをしている方を見かけます。
これから少し寒くなるようですが、春はもうそこまで来ています。

今月の一冊

社協だより「えがお」NO.121に掲載している今月の一冊を紹介します。
『そして、生きる希望へ~貧困に立ち向かう子どもたち~』
著者:阿蘭 ヒサコ(あらん ひさこ)/冨部 志保子(とみべ しほこ)
出版社:NTT出版株式会社
今月の一冊
この書籍は、「今子どもたちに何が起きているのか」という現状を多くの人に知ってもらうことを目的に企画され、執筆されたものです。子どもの貧困の問題について、2つの話が収めされています。
「生んでくれてありがとう-貧困のなかで育つ子どもたち」は、父親の家庭内暴力から逃れ、母子家庭になった母子の物語です。母親と弟と暮らすことになった14歳の長女は、経済的に苦しくなった生活を少しでも助けようと仕事で忙しい母親の代わりに家事をすることになります。友だちとも遊びに行くことはなくなり、次第に学校で孤立し、不登校になっていきます。そんな時に、母親が自分を身ごもったことで父親と結婚したことを知り、自分を責め、生きる価値も失いそうになります。母親のすすめで、大学生のボランティアが活動を支える「にじいろ広場」に出会い、おいしい料理を作ったことをきかっけに長女は自分が少しは価値のある人になったように感じます。だんだんと変化が見られ、プロの料理人を目指し、高校進学を決めました。
「シェアライフ-社会的養護からの巣立ち」は、自分の未来が見い出せず、会社を辞めた青年と児童養護施設で育った少年との出会い、交流を描いた物語です。18歳で施設を退所した少年たちは、身近で料理や掃除、ゴミ出しをする様子を見ていないため、仕方がわからず困っていることや、周りに聞いたり相談したりできる人がいないという現実を少年や仲間たちとの交流を通じて青年は知り、自分の未来を見つめなおしていきます。
この2つのストーリーに共通していることは、人生の初期に親との信頼関係が築けなかったとしても、その後の人生で出会った人との交流によって、人との信頼関係を築くことができることです。子どもたちは、深く心に傷を残していますが、その傷は誰かとの安定した絆によって徐々に癒されます。そして、自分はかけがえのない存在であるという自己肯定感を持つことで、自信を取り戻しています。この自己肯定感がベースにあることで、人は自立に向き一歩を踏みだしていけることを感じました。私には関係のない世界で起こっていることではなく、世の中で起こることはどこかで自分とつながっているのだと切に思う1冊でした。

手をつなぐ育成会の交流会

うすい人権啓発センターあかつきで、嘉麻市手をつなぐ育成会の交流会が開催されました。
この交流会は、毎年この時期に開催されています。今年も40名以上の方が参加され、8つのグループに分かれて、鍋を囲んで、交流を深められていました。
鍋はそのグループによって、寄せ鍋、カレー鍋、キムチ鍋に分かれていて、自分のグループ以外の鍋を食べに行く人もおられ、とても和気あいあいとした雰囲気に包まれていました。
みなさん、とても楽しそうな笑顔いっぱいのひと時でした。
DSC_7160

災害ボランティアセンター設置運営訓練

午前9時から、稲築住民センターを会場に災害ボランティアセンター設置運営訓練を行いました。
今回は、嘉穂総合高校大隈城山校、嘉穂東高校、嘉穂高校の生徒の皆さん、福祉推進員、福岡県精神保健福祉士協会、飯塚青年会議所、市防災対策課、本会職員など57名の参加を得て実施しました。
初めに、本会の木山事務局長から災害ボランティアセンターの役割等について説明したのち、訓練へと移りました。今回は、地震によって遠賀川の堤防が決壊し、岩崎地区に床上、床下浸水が発生しているという想定で行いました。
ボランティア受付班、ニーズ受付班、マッチング班、資材班、炊き出し班、被災者役、ボランティア役の7つに分かれ、前半と後半で所属するグループを交代しながら、ボランティア活動希望者の受け付け、被災者からの困りごとの受け付け、活動先の決定、必要資材の受け渡し、そして、活動先から戻ってからの報告までの訓練を行いました。
訓練後は、炊き出し班が作った炊き込みご飯、味噌汁をみんなで食べ、午後からは、各グループでの振り返りを行い、その後その振り返りの内容を全体で共有しました。
みなさんからは、ボランティア役をしたが、地図が分かりにくかった。その地域の住民の方に案内役を頼むことができればもっとスムーズに被災者宅まで行くことができると思うといった意見や、マッチング班では、全体のボランティア数を把握できておらず、ニーズはたくさんあるのにボランティアの数が足りなかった。優先順位をつける必要もあるし、また他の班との連携がとても大切だと感じたといった意見もありました。
また、使用した受付用紙などの様式が書きづらい、わかりにくいなどの意見もたくさんありました。
今回の訓練でいただいた意見や課題を基に、マニュアルや様式の見直しを行い、もしもの時のための備えを進めていきたいと思います。
初めて参加された高校生の方は、災害ボランティアセンターがあること自体を知らなかった。訓練に参加して、もし災害が起きたときに自分たちにできることをこれからも考えていきたいと話してくれました。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。
P6-2 - コピー

ボランティア情報~障がいを持つ子どもたちの遊び相手

嘉麻市社協が実施している障がい児日中一時支援事業では、まもなく迎える春休みに、子どもたちと一緒に遊んでいただける方を募集しています。
ご都合のよい時間帯だけの参加も可能ですので、ぜひご協力ください。

〇日時 平成28年3月19日(土)~4月5日(火) 午前8時30分~午後5時
    ※日曜日を除きます。またご都合のよい時間帯だけで構いません。

〇場所 嘉麻北日中一時支援事業所(嘉麻市鴨生339)

〇内容 障がいをもつ子どもたちの遊び相手、宿題の補助など

〇備考 動きやすい服装や時間帯によってはお弁当、飲み物をご準備ください

〇お問い合わせ、お申し込み先 かまボランティア・市民活動センター 電話0948‐42-0751

ひなまつり

今日はひなまつりの日です(*^_^*)
2月の中益サロンでみなさんが挑戦されたひな飾りが完成したのを見せていただきました。
m2802182
細かく切ったりボンドで丁寧に貼ったりと、とても手の込んだものです。
お内裏様とお雛様の表情がとても可愛らしいです(*^_^*)写真に撮って、中益公民館に記録として展示しようと話をされていました。

神幸サロンで少し早めの雛祭り(*^^*)

昨日は、山田地区の神幸友愛サロンにおじゃましました。
みなさんは、ひなまつりの歌を元気よく歌われていました♪
g280301
昼食は手作りのちらし寿司や酢の物など、とても美味しそうでした。「手の込んだ料理が食べれて嬉しい」「みんなで食べるからさらに美味しい」といった感想を話してくださり、賑やかな時間が流れていました(*^_^*)