菜の花

菜の花が、道路沿いや河川敷などあちこちで咲いています(*^_^*)
天気がいいと、空の青色と黄色のコントラストがとてもきれいです。この写真は嘉穂地区で撮りました。
m280318
近寄ってみると、ちょうちょやみつばちがたくさん飛んでいました。
IMG_3554
花粉症の方は苦しい季節かもしれませんが、外を歩くと楽しみがいっぱいあるなと思いました♪

千手灯ろうまつり

昨夜、千手小学校跡地にて、千手灯ろうまつりが開催されました。
千手けやき会の皆さんが中心となり、地元を盛り上げるイベントとして昨年から開催されています。竹灯籠と嘉麻市天然記念物であるけやきの木のライトアップや、稲築志耕館高等学校郷土芸能部「凌駕」とそのOBの方々の和太鼓演奏、九州工業大学ジャグリングクラブのショーなど様々なプログラムがあり、おとといの雨の影響で地面がぬかるんでいましたが、たくさんの人で賑わっていました。
暗くなりはじめ、みんなで灯籠に火を点けました。風が強かったため、うまくつかなかったり、消える個所もありましが、根気強く全ての灯籠に火が灯ると、ちょうど日が暮れてとても綺麗な光景になりました。
h2803192
けやきの木やキャラクターなど竹灯篭でいろいろと表されていて、明かり一つひとつに温かさを感じました。

Bravo!の活動♪

今日は、障がいをもつ子どもと家族の会Bravo!のみなさんの活動日で、おじゃまさせていただきました。9月に代表の大和さんが立ち上げられ、12月から月に1回第3土曜日に山田ふれあいハウス内和室でみなさんで悩みを共有したり情報交換したりしながらお茶会をされています。
今日は、卒業シーズンということもあり、少ない参加でしたが、和やかな雰囲気の中、子ども達が自由に遊び、お母さん達はお話されていました。
m280319
日中一時支援事業の子ども達、ご家族との交流の機会をもちましょうという話も出て、これから計画していきたいと思っています(*^_^*)

ボランティア募集情報

第54回福岡県身体障害者体育大会において、選手のサポートをしていただける方を募集しています。

・日  時  平成28年5月8日(日)8時~16時(雨天決行)
・場  所  博多の森陸上競技場  
・活動内容  視覚及び聴覚障害をもつ方の誘導、車いすの方の補助等 
・募集人数  2~3名
・募集締切  4月15日(金)
・備  考  当日は動きやすい服装でお越しください。現地まで、バスでの送迎があります。また、昼食は主催者側で準備します。

≪お問い合わせ、お申し込み先≫
 かまボランティア・市民活動センター 電話0948‐42-0751

足白サロン♪

今日は、足白サロンにおじゃましました。
窓から暖かい日差しが入ってきて、和やかな雰囲気でおしゃべりを楽しまれていました。
m2803171
本当はみんなでつくしを取りに行こうとしたけど、もらったので、はかまを取りようよ。と見せていただき、写真を撮らせていただきました。
m2803172
ぽかぽかの陽気につくし、、、♪いろんな春を感じた一日でした(*^_^*)

第52回理事会

今日は、稲築住民センターで、第52回理事会を開催しました。
7名の理事、2名の監事が出席され、以下の議案について審議していただき、全て全員一致で承認されました。
・議案第154号 平成27年度補正予算について
・議案第155号 平成28年度事業計画及び収支予算について
・議案第156号 定款の一部変更について
・議案第157号 ストレスチェック制度実施規程の制定について

シンポジウム「若年層の自殺どうすれば防げる?」開催のお知らせ

どうすれば若年層の自殺を減らせるかリスク要因や対応方法を学ぶため、シンポジウム「若年層の自殺どうすれば防げる?」が下記のとおり開催されますので、ご案内いたします。

日時:3月19日(土) 13:30会場 14:00開演
場所:TKPガーデンシティ天神 M-4会議室 (福岡市中央区天神2丁目14番8号 福岡天神センタービル8階)
基調講演:「若者の自殺者年間6500人~深刻な悩みを相談されたらどうする?~」
講師:石井綾華さん (NPO法人Light Ring.代表理事・精神保健福祉士)
パネルディスカッション
パネリスト:石井綾華さん(NPO法人Light Ring.代表理事・精神保健福祉士)
      高野明さん(東京大学准教授・日本学生相談学会特別委員会委員長)
      高口恵美さん(社会福祉士・精神保健福祉士・福岡県スクールソーシャルワーカー)
コーディネーター:松井仁さん(弁護士・福岡県弁護士会自死問題対策委員会副委員長)
お問い合わせ先:福岡県弁護士会  092-741-6416

新地域支援事業勉強会

今日は稲築住民センターで新地域支援事業の勉強会を開催しました。
初めに、公益財団法人さわやか九州1ブロックの阿部かおりさん、竹下順一さんから、協議体と委員会の違いについての説明がありました。委員長が先に決まってメンバーを招集する委員会に対して、協議体は、様々なメンバーが集まりその中でコーディネーターが決まっていくという違いを押さえました。
他にも、この事業を進める上で大切なPDCA思考(Plan計画 Do実行 Check評価 Act改善)についてや、住民の方への説明の仕方を学びました。また、協議体は、住民の方にいろんな意見を出してもらい、楽しかったと言ってもらえるような場にしなければならないということを伺いました。
h2803141
高齢者に特化した地域包括ケアシステムではなく、全対象型で考えていくことが目標だということも共有しました。
参加された社協、行政それぞれから、進捗状況について発表があり、今後深めていかなければならないこと、次回の勉強会の日程を確認しました。

毬の作品☆

先日、訪問したお宅の方は手芸が趣味だということで、作品を見せていただきました。
最近は毬をたくさん作っていると教えてくださいました。
m280311
いろんな模様があり、とても綺麗で見とれてしまいました(*^_^*)
人に楽しんでもらえる素敵な趣味だなと思いました。

鴨生第一サロン

先日、鴨生第一サロンにお邪魔しました。
いつもは、地域内にあるグループホームに入居されている方も参加されていますが、今回はインフルエンザの感染を考慮されて見送られたそうで、参加者は少なめでした。
鴨生第一サロンでは、毎月昼食前に、その月に誕生日を迎える方に、花を渡し、歌を歌って祝っています。
今月も4名の方が誕生日を迎えられました。
一人ひとり少し照れた様子で、前に出てきて、花を受け取り、皆さんから祝福されました。
「90歳になりました。これからもサロンに来れるように健康でいたいです。」、「米寿を迎えました。今度家族にお祝いをしてもらうのが楽しみです」などと、誕生日を迎えられた方が一言ずつコメントされ、他の参加者からはたくさんの拍手が送られていました。
image3