職場における心の健康づくり

image
今日は、職員研修として、平成27年度メンタルヘルス研修を実施しました。
相談業務を行う上で、援助者である私たちが自らの性格や個性を知り、感情や態度を意識的にコントロールすることが求められています。価値観や感情に左右されない援助を提供できるように、自分を知って、ストレスに対処する力を高めることができればと思い、企画しました。
今回は、講師に福岡産業保健総合総合支援センターのメンタルヘルス対策促進員の内田チグサさんをお招きし、「仕事にいかす交流分析〜自分を知り、自分を活かすために〜」をテーマにお話いただきました。
内田さんは、心の健康を保つためのセルフケアやストレスに打ち勝つためな生活、来年度から実施するストレスチェック制度成立の背景、仕事に活かす交流分析について、丁寧に説明されました。
また、実際に自我状態を分析するため、エゴグラムをそれぞれ書き、肯定的にも否定的にも働く3つの心を学びました。
自分を知った上でストレスと向き合い、対処していくことの大切さを楽しく学んだ研修でした。