第3期 市民後見人養成講座 基礎編 最終日

今日は、稲築住民センターにて第3期市民後見人養成講座12日目を開催しました。
これまでの研修の振り返りとして、本会 かま権利擁護センターセンター長 木山が講義をしました。はじめに、ジェノグラムやエコマップといった相談援助の技法について復習しました。家庭内や周囲の環境を図式化し視覚的に捉えられるよう整理することで、どんなつながりがあるのか、これからどんな人や機関とつながることが必要なのかを考えるツールの一つだと説明がありました。
その後、人を援助・支援する3つの要素である知識・技術・価値について話がありました。価値とはその人の知識や経験、体験によりつくられ、価値観は人によって違うことが前提であること。信頼関係をつくるにはまず相手の価値を受け入れ、そのために自分の価値観を知る自己覚知が大事だと学びました。
グループワークでは、2つ見え方のある絵を見て、どのように見えているのか、どう見ればもう一つの絵が見えるか話し合いました。その中で、自分の価値観が正しいとは限らないことや相手がどのように感じているかは分からないこと、どこの視点から見るかによって見方は変わること、また、置かれている環境によって真実とは異なることがあるということなどを学びました。最後に、ある出来事に対する結果は全て同じではなく本人の感じ方により変わり、本人がどう感じていたかを気づけるように支援するということについて話がありました。講義を受けて、相手に自分の考えを押しつけないために、自分がどういう考え方をしているのかや物事の受け止め方に偏りがないか自己覚知していき、自分のものの見方や感じかたは本人とは違うことを前提に物事を考えることが大切だと感じました。
g280223
閉講式では、嘉麻市保健福祉部高齢者介護課課長の池田巖さんからご挨拶をいただき、15名の受講者が本会の村上会長から、修了証を受け取られました。
来年度はフォローアップ講座を予定していますので、よろしくお願いいたします。
受講者のみなさま、長い期間お疲れさまでした。
g2802232

出前講座のご案内

嘉麻市社協では、地域に出向いて、いろいろなお話をする出前講座を実施しています。詳細は下記の通りです。お気軽にお声かけ下さい(^^)

【講座の内容】
●社協って何しようと?
嘉麻市社協がどんなことをしているか詳しく説明します
●いつまでも住み慣れた地域で暮らしたい
誰もが排除されず、その人らしく生き生きをした生活を営むことができる地域づくりをみなさんと一緒に考えます
●かまこさんのお悩み解決
電子紙芝居で成年後見制度について話します
●ふれあい・いきいきサロンって楽しいよ
サロンや地域福祉部について話します
●災害に強いまちづくり
災害時に助け合えるようなマップづくりや災害ボランティアセンターについてお話します
●映画上映会
昔懐かしい映画のDVDと機器の貸し出しをしています
【講座開催日時等】
・平日以外でも受付しています
・時間は、30分コース・60分コースがあります
・料金は無料です
【申し込み先】
嘉麻市社会福祉協議会 0948-52-0751

子ども駅伝と観梅

今日は、天気に恵まれ、市内で行われたイベントは、たくさんの人で賑わっていました。
山田学習館周辺では、楽しく走ろうふくおか子ども駅伝In嘉麻が開催されました。
この大会は今年で26回目を迎えます。毎年実行委員会のみなさんがこの日に向けて準備を重ね、当日はコースの安全確保や場内の清掃活動、テントの設営、撤去など様々な役割をボランティアの皆さんが担われています。
コース沿いには、家族やチームメイトなどたくさんの人が集まり、ランナーへ熱い声援を送られていました。
また、下山田の大砲白馬山梅林公園は、観梅期間(2月14日~3月13日)を迎えています。
花はまだ見ごろには少し早いようですが、大法白馬山観光協会の方々の売店では、観梅に来られた方がお茶やうどん、餠などを買い求められていました。
協会の方に話を伺うと、「昨年から行われていた整備工事も終わって、園内を散策しやすくなったので、たくさんの人に梅を見に来てもらいたい」と話されていました。
t20160221

子育てリユースセンターからのお知らせ

山田ふれあいハウス2階に開設している子育てリユースセンターでは、子ども服の品数が少なくなってきています。
家庭で使わなくなった冬物、春物の洋服、中学校、高校の制服がありましたら、ぜひお寄せください。
m280204

《お問い合わせ先》
山田ふれあいハウス  ☎0948-52-1847
嘉麻市上山田502番地6

世代を超えて語る憲法・安保法制の話

今日は、NPO法人ちくほう共学舎『虫の家』で開催された、第37回・筑豊民塾に参加しました。
「続 世代を超えて語る憲法・安保法制の話」というテーマで、事務局長の髙石伸人さんが進行され、4名の発言者の方が語られました。
m280220
それぞれ所属しておられる団体等で感じておられることを伺いました。
FYMの渡邉晶さんからは、ある講演を聞いたのがきっかけで憲法について学ぶようになり自分の問題として考えるようになったこと、平和だと思ってきた生活が脅かされると感じ、FYMの活動を知って参加するようになったことの話がありました。憲法12条の、この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならないとあるが、自分は国民として努力しているだろうかと問いかけ、憲法を大切に思う理由をまわりの人に伝えていきたいと言われました。
浄土真宗本願寺派僧侶の田中大信さんからは、命が大切だという話があり、殺すぞという相手にどう対応できるか、憲法9条が大事だと言える自分を大切にしたいと言われました。
米軍基地を引き取る福岡の会の里村和歌子からは、安保法制以前の問題として、日本の安保体制を考えなければならないとの話があり、平和を支援しながら日米安保体制を支持し、沖縄にどれだけの負担をかけているかとの問題提起がありました。9条と安保体制の矛盾から、押しつけるばかりでなく本土で真剣に考えるべきだと語られました。
NPO法人ちくほう共学者『虫の家』の古野勝さんからは、自分のみえないところで傷ついてる人への想像力がどれだけ働くかが大切であり、他者認識について考えなければならないとの話がありました。
最後に髙石さんから、今後もみんなで議論しながら、ふらつきながらも自分の立ち位置はどこにあるか考えていきたいとの話がありました。今回の筑豊民塾でも様々な取り組みをされている方と出会い、いろんな話を伺うことができ、こうしてみなさんと意見を交わして自分で考えることが大切だと改めて感じました。

かま自立相談支援センター研修会のご案内

「刑務所を出所した方が、地域の一員として生活していけるように…」~深めよう 司法と福祉の連携~

かま自立相談支援センターでは、様々な理由で生活に窮する方々の相談を幅広く受けつけています。その中で、これまでかかわりの薄かった更生保護に関する相談に対応する事になりました。刑余者の方が地域で生活していくためには、住まいや仕事を見つけなければなりませんが、仕事を見つけるとなると現実は厳しく、採用する側の理解も必要となってきます。また、仕事に就くことができず住居もなければ、再犯に至る可能性も高くなることが考えられます。

そこで、今回の研修会では、更生保護の問題について学びながら、誰もが排除されない地域社会の実現に向けて何が必要なのか、また私たち一人ひとりに何ができるのかを、市民のみなさまと一緒に考えていきたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

日時:平成28年2月29日(月)

13時~16時20分(受付12時30分~ 開会13時~)

会場:夢サイトかほ 文化ホール(嘉麻市大隈町1228-1)

第1部:13時10分~14時40分 講師 福岡刑務所 分類審議室 福祉専門官 中川 典子さん

第2部:14時50分~16時20分 講師 法務省 福岡保護観察所 飯塚駐在官事務所 上席保護観察官 北川 皇史さん

申込先:かま自立相談支援センター  ☎(0948)43-4751

チラシは下記からダウンロードできます
http://kama.syakyo.com/28229.PDF

ひな祭りに向けて♪

今日は、ふれあい・いきいきサロンなかますにおじゃましました。中益公民館に入るとすぐみなさんが集中して作業されている光景が…☆
m2802181
とっても可愛らしいひな飾りを作られていました。
残念ながら出来上がる前に帰らなければなりませんでしたが、また見せていただけるそうです♩どんな作品ができたのか楽しみです(o^^o)

第1回 福岡県ひきこもり者支援実施社協連絡会

今日は、第1回 福岡県ひきこもり者支援社協連絡会がありました。会場は、現在本会がフリースペースとして利用している寄ってこハウスでした。
かまひきこもり相談支援センターからも2名参加し、県内11社協14名が集まりました。
g280217
近年、不登校や自宅中心の生活を送っている方、そのご家族を支える取り組みが県内社協においても広がりつつあります。
支援担当者が取り組みを進めていく上での悩みや課題を共有することでつながり、情報交換することを目的に開催されました。
はじめに、出席者の自己紹介と各社協の取り組みを説明しました。
その後は、それぞれ抱えている悩みや課題を中心に意見交換をしました。
「社協ができることは少ないけれど、困りごとを抱えた方と何ができるのかを一緒に考えていくという姿勢が求められている。」「地域のまなざしが、困っていることすら言えなくしているのではないか。」などの意見がありました。

本人の気持ちを尊重することや時間をかけて信頼関係をつくっていくことの大切さを感じ、これから生かしていきたいと思いました。

グ~の会で映画鑑賞

今日は具島公民館で開催された、ふれあい・いきいきサロン『グ~の会』におじゃまし、初めて映画を上映しました。
大好評で、みなさん「久しぶりにこんなに笑った」と言われ、楽しまれました。
m280217
昼食の後はまた別の映画を見て、ゆっくりとした時間を過ごされました。
来月は月末に花見をする予定だということで、「桜の季節からもう1年が経つね」と振り返られ、思い出話でも盛り上がっていました(^O^)

第3期市民後見人養成講座11日目

今日は稲築住民センターにて第3期市民後見人養成講座11日目を開催しました。
1コマ目は新グループホームぼくらの家準備室長の山本真理子さんから精神障がい者の理解というテーマでお話いただきました。精神障がい者の定義や歴史、精神障がい者の現状、統合失調症やうつ病の方の障がい特性について学びました。
2コマ目は特別養護老人ホーム初花施設長の百枝孝泰さんから対人援助の意義と基礎というテーマでお話しいただきました。成年後見制度における対人援助について、対人援助における信頼関係の重要性について説明がありました。
全ての人の自己実現・自己決定の権利を尊重し、その人らしい社会生活の実現のために本人の最善の利益を目指して支援を行っていくことが重要であること、相談援助を行っていくうえで信頼関係を構築することでより良い支援を行っていくこと、信頼関係の構築のためには円滑なコミュニケーションが不可欠であると学びました。その後実際に隣に座った人と演習を行いました。
その中では、一方が立った状態で、座っている方に話をすると、威圧的な印象を与えかねず、目線を合わることが大切なこと、また話をしている方に対する聞く側の表情や相づちなどがいかに大切であるかを実感することができました。
3コマ目は2コマ目でのコミュニケーションについての説明がありました。コミュニケーションのポイントとして、自分の話し方、相手の話を聴く姿勢とその応用について、相談援助における技法について学びました。
今回学んだことを、仕事の上でも、また日常生活にも生かせるよう、見つめ直したいと感じました。

h2802161

次回は2月23日(火)最終日です。