岡垣町社協視察

今日は、午前10時から稲築住民センターにて、嘉麻市社協だより「えがお」について、岡垣町社協から職員4名、広報向上委員会1名、計5名の方が視察研修に来られました。
初めに本会事務局長の木山があいさつをし、参加者で自己紹介を行いました。
今回は、本会広報担当の木原の方から、嘉麻市社協だより「えがお」について話をさせていただきました。これまでの歴史や苦労、広報活動の大切さ、伝える事の難しさ、多くの方に読んでもらうためには、スキルアップするためには、企画から発行までの流れ、本会が行ってきたことについて説明しました。
その後、質疑応答では、準備期間はどれくらいか、編集はどうしているのか、HP、フェイスブック、ブログについて等様々な意見交換を行うことができました。広報紙は地域の人と出会うツールの1つで、広報活動はアウトリーチであることを自分自身も勉強することができ、とても有意義な研修になりました。

a271203

第三期市民後見人養成講座2日目

今日は、第三期市民後見人養成講座の2日目でした。
成年後見センター・リーガルサポート福岡支部の加藤丈雄司法書士にお越しいただき、成年後見制度の基礎について学びました。
h271202
1コマ目では、成年後見制度が生まれた背景や理念などについて学びました。
成年後見制度の旧制度である禁治産制度は、「家」の財産を守ることに重きが置かれており、家族による支援が基本となっていたこと、現在の成年後見制度は被後見人の自己決定を尊重し、被後見人の身上に配慮する義務が定められていることなどを話されました。
また、現在の成年後見法の見直しに向けた課題として、任意後見契約の利用が伸び悩んでいることなどの話もありました。
2コマ目は法定後見制度と任意後見制度についてでした。
法定後見制度は家庭裁判所の審判によって後見人が決定され、任意後見制度はあらかじめ本人が選任し、公正証書による契約を行っておき、その後判断能力が低下してきたときに家庭裁判所に任意後見監督人選任の申立てを行い、後見が始まることなどを話されました。
また、任意後見の利用形態として、将来型、即効型、移行型の3種類の形態があり、それぞれのしくみと問題点について話されました。

次回は12月8日(火)です。