災害ボランティア設置運営訓練2日目

今日は、直方市総合福祉センターにて平成27年度 災害ボランティアセンター設置運営訓練が行われ、職員4名が参加しました。
まず、訓練の概要説明があり、総務班、ニーズ班、受付班、マッチング班、資財班に分かれ事前準備や打ち合わせを行いました。
その後、水害が発生したという設定でボランティア、スタッフとして訓練を行いました。
訓練後に2者(ボランティア、運営スタッフ)の観点から振り返りをしました。センターの全体の流れを把握しておくことや、役割分担を明確にしておくこと、被災した方の立場に立った質問の仕方など、それぞれの班ごとに改善点が出され、福岡県防災研究会の宮﨑雄輔さんが過去の例を挙げながらその都度改善していくことやスタッフの休憩と健康管理の大切さなどの補足をされました。
いつ起こるか分からない災害に備えて、定期的に振り返りをすることが必要だと思いました。
g2711291

エイト会2回目の舞台

稲築地区の民生委員児童委員の中で、歌や踊りが好きな方が集まってできた、エイト会というグループがあります。
結成されたのは昨年で、1年ほど前に、市内の小規模多機能ホームで初披露しました。
それ以降も、練習を重ねてきたメンバーの皆さんは、今日、グループホーム嘉穂やすらぎで2回目の舞台に挑みました。
9名のメンバーがユニークな衣装に身を包み、昔の流行曲や童謡など6曲の歌や踊りを披露しました。
最後には、河内おとこ節に合わせて、炭坑節を踊り、入居者の方も手拍子したり、座った状態で腕を動かして踊ったりしながら、みんな一体となって楽しみました。
t20151129
入居者のお一人は、「昔を思い出して、涙が出そうやった。」と舞台終了後に握手を求められていましたよ。
エイト会のメンバーのみなさんも、入居者のみなさんも、たくさんの笑顔があふれたひと時でした。