総合事業への理解を深める

生活支援コーディネーター養成研修(1日目)

北九州八幡西生涯学習センターで開催された、平成27年度福岡県生活支援コーディネーター養成研修(1日目)を受講しました。

まず初めに、福岡市社会福祉協議会の藤田さんから、生活支援コーディネーター及び協議体の目的や役割について、福岡市の取り組みを交えて話がありました。次に、直方市健康福祉課の宇野さんから、生活支援コーディネーターと協議体の活動理念や従来の制度での課題を踏まえた地域づくりのあり方についての話がありました。
次に、福岡福祉サービス協会の野口さんから、高齢者の身体機能や生活環境の変化により生じる生活ニーズへの対応方法についての話がありました。
最後に、さわやか財団の阿部さんから、先進地でどのようにして生活支援コーディネーターや協議体がつくられたのかを聞いた後、グループに分かれ、協議体に入ってほしいメンバーを考えました。
大人から子どもまで、誰もが地域で暮らせる支えあいのまちづくりについて深く学ぶことができました。
明日は、地域アセスメントの手法やサービス開発の方法など、より実践的なことを学びます。image