児童虐待をテーマに

今日は、12月に開催する第9回支えあいまちづくりサポーター養成講座の講師の方と打ち合わせをするため、西南学院大学に行きました。家族福祉論という授業で、ゲストスピーカーとして話をされるということで、私も一緒に聞かせてもらいました。
子どもの頃に家族から受けた虐待のこと、自分の子どもに同じことをしてしまったこと、それが虐待と気付いた時にショックを受けたこと等を話されました。それから自助グループを立ち上げたことやピアカウンセラーとして活動されたこと等についても伺いました。家族だけで外に助けを求めることができずに苦しんでいる方がいることから、相談できる人がいること、人とのつながりの大切さを改めて感じました。
第9回支えあいのまちづくりサポーター養成講座でも、児童虐待をテーマに話をしていただくようお願いしています。また詳しい案内は、改めてお知らせいたします。