平成27年台風第18号による大雨災害義援金の募集について

台風18号等による記録的な豪雨により大きな被害が発生しました。
福岡県共同募金会では被災された方々を支援するために、義援金を募集しています。本会においても、明日(24日)から稲築住民センター内の事務局と山田ふれあいハウスに募金箱を設置して、義援金を受け付けを開始いたします。
みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。

1.募集期間
  平成27年9月24日(木)~11月16日(月)

2.募金箱設置場所
  ・稲築住民センター内事務局 (嘉麻市岩崎1143番地3)
  ・山田ふれあいハウス (嘉麻市上山田502番地6)

日中だより

障がい者地域生活支援センターでは、日中一時支援事業所を利用している方、以前利用されていた方に、年に2回、日中だより『きずな』をお届けしています。
今月、夏号のNo.3を発行しました(^O^)
m270922
日中一時支援事業所で取り組んでいることや行事のこと、スタッフ紹介、夏休みのことなどを書いています。直接渡せない方もいるのですが、「みなさん読んでくださっているかなぁ」「元気にされているかなぁ」「久しぶりに会いたいね」と話しながらスタッフと一緒に作っています♪
きずなという名前は、ずっとみなさんとつながっていたいという思いから決まりました。
これからもみなさんとのつながりを大切にできるような日中一時支援事業でありたいと思います。

イベント情報

嘉麻市一夜城まつりで、嘉穂総合高校大隈城山校の生徒全員で手作りした竹灯籠と千本のろうそく
で描いたキャンドルアートが展示されます。

★日時 10月24日(土)10時~(キャンドルアート点灯18時~)、10月25日(日)12時~
★会場 嘉麻市中益地区 特設会場(嘉麻市中益36番地)

※25日は、メイン会場において城山校の生徒全員で一年間かけて集めたリングプルとエコキャップ、
文化祭でのバザーの収益金を贈呈するセレモニーも行われます。

《お問い合わせ先》 
かま・ボランティア市民活動センター ☎0948-42-0751

石ケ崎老人会での出前講座

今日は、石ケ崎老人会の集まりで出前講座「介護保険が変わると私たちの暮らしはどうなると?」を行いました。
image
社協が出前講座をしていることや介護保険改正に伴いどんな変化があるのか、地域包括ケアシステムの説明をしました。その後、参加された約30名の方と意見交換をしました。知らなかったという方や住まいに不安がある方などおられ、みなさんがどんな悩みを抱えて暮らしてあるのかについて、話し合うことができました。
また、来てねと言っていただきました。ありがとうございました(o^^o)

鴨生第一行政区の敬老会

今日は鴨生第一公民館で敬老会が開かれました。
最初は行政区長さんのあいさつから始まり、祝電披露、老人会の会長さんのあいさつが行われました。
開会式の後は参加者の方々によるカラオケ大会でした。みなさん気持ちよさそうに自慢ののどを披露していました。
次に、ふだんいきいきサロンに参加している方がマジックを披露されました。
固く結ばれた二枚のハンカチを一瞬で元に戻したり、カラフルな六面体の箱を一瞬でサイコロのような六面体に変えたり、継ぎ目のない金属の輪同士を鎖のようにつなげたりと、次々と繰り出されるマジックが成功するたびに大きな拍手が起こっていました。
参加者の皆さんはとても楽しまれていましたよ。

h2709191

小さな贈り物と書かれた手紙

昨日、本会に一通の手紙が届きました。昨年まで嘉麻市に住んでおられたSさんからでした。訪問介護事業や支えあい事業を利用され、在宅での生活を送ってあったのですが、現在は、車で40分ほどかかるところにある市外の施設で暮らしておられます。
こんな風にたまにお手紙をいただいていたのですが、今回は、お金が同封されていたので、ビックリして、手紙を読むと、「募金です。被災地に送ってください。これから寒くなります。」と書いてありました。あったかな心遣い、本当にありがとうございます。
image

古高取山田窯跡を見つけました

今日は、地域アセスメントのため、筑紫行政区に伺いました。歩いていると、古高取山田窯跡(たかとりやまだかまあと)を見つけ、近くにお住まいの方にお話を伺いました。
この窯跡は50年以上前からあり、高取八仙(はっせん)さんからお皿・湯呑などを頂いたことがあるそうです。東京など遠方から見物に来られる方もいて、その度に窯跡について説明をしたり、自宅に並べている焼き物を見てもらっているそうです。
g270918
地域に出てみると、その地域の有名なものや細い抜け道、空き家の軒数、災害時に危険な場所など新たな発見があって勉強になります。これからもっと嘉麻市について知りたいと思います。

福岡県地域福祉活動職員連絡会 中堅職員向け研修会

今日は、福岡商工会議所で開催された、福岡県地域福祉活動職員連絡会中堅職員向け研修会~社協は「制度の狭間にある課題とどう向き合うか~に参加しました。
午前中の講義の中では、講師の箕面市社会福祉協議会地域福祉推進課長(ソーシャルワーカー)の高田浩行さんから、「箕面市社協のCSW機能による支援を通じてというテーマで話がありました。
その中では、支援を通じて感じている近年の傾向として、世帯に複数の課題が存在していること、自分の課題に気づかず、SOSを出せない人が増えていること、また制度に当てはまらない生活課題の相談が増加していることなどを挙げられました。
また、ワーカーとして、自分の価値観や思い込みを押し付けてしまっていないかを意識することや相手をその気にさせるリフレーミング(肯定しながら前向きな言葉に変える)などコミュニケーション技術を使いこなすことなども大切なことだと話されました。
関係機関との関わりについては、「連携」というよりも、「役割分担」をして、そのどこも担えない「穴」を把握し、どのようにその「穴」の部分をいかにカバーしていくかを考えていくことが大切という話がありました。
午後のグループワークでは4つのグループに分かれて、制度の狭間にある課題へのかかわりについて、意見交換を行いました。
最後の講師の総括では、社協活動のポイントとして、ニーズがあること、禁止されていないこと、気持ちを動かすことの3点を挙げられました。
また、フットワークの積み重ねでネットワークが築かれていくこと、「困難ケース」とは支援者自らが作り出している評価であること、本人が望んでいることを察知して、寄り添うことなど多くの大切な視点を学ぶとともに、たくさんの刺激を受けた研修会でした。

災害ボランティア情報

台風18号に伴う豪雨水害に関するボランティア情報をお知らせいたします。
【茨城県】
・鹿沼市災害ボランティアセンター
 16日(水)は185名のボランティアさんが泥出し、室内の清掃、家具等の撤去、河川周辺の清掃等、がれきの撤去などの活動 を行われました。
 17日(木)は、大気の状態が不安定になり雨が強く降る可能性があることと、ボランティア活動の整理のため、ボランティ アの受け入れは休止し、18日(金)から再開されるそうです。

・小山市災害ボランティアセンター
 15日(火)は95名のボランティアさんが活動を行われました。15日(火)までで、705名の方が202件の活動を行われていま  す。
 17日(木)は雨天が見込まれるため、安全上の理由からボランティアさんの派遣は中止されるそうです。

・栃木市災害ボランティアセンター
 16日(水)は、237名のボランティアさんが泥出しや家屋内外の片づけなど32件の活動を行われました。
 17日(木)は、雨天の予報のため、ボランティア活動は中止されるそうです。

・日光市災害ボランティアセンター
 16日(水)は、15件の活動依頼があり、99名の方が活動されました。
 17日(木)は天候不良が予想されるため、ボランティアの安全確保のため、休止されるそうです。
なお、センターの設置期限は当初18日(金)まででしたが、被災された方のお手伝いが完了するまで期間を延長されるそうで す。

【茨城県】
・常総市災害ボランティアセンター
 16日(水)は、919名の方が97件の活動を行われています(速報値)。
17日(木)は、雨天の予報のため、ボランティア活動は中止となります。

・茨城県災害ボランティアセンター
15日(火)は457名のボランティアさんにより、被災家屋の片付け、支援物資の仕分け・分配等の活動が行われました。

・境町災害ボランティアセンター
15日(火)は7名のボランティアさんにより、被災家屋の片付けなどの活動が行われました。

・つくば市災害ボランティアセンター
 15日(火)は4名のボランティアさんが活動が行われました。
 なお、新たなボランティア募集については、現在受付を一時休止されています。

【宮城県】
・大崎市災害ボランティアセンター
 15日(火)は、個人34人・8団体52人が26件の活動を行われました。

・大和市災害ボランティアセンター
15日(火)は77人のボランティアさんが活動を行われました。
 

災害ボランティア情報

台風18号に伴う豪雨災害に関するボランティア情報をお知らせいたします。

【栃木県】
  ・鹿沼市
   鹿沼市社協は9月10日に「鹿沼市災害ボランティアセンター」を開設し、ボランティア活動を行っています。
  昨日は、635名のボランティアにより、泥出し、室内の清掃、家具等の撤去、河川周辺の清掃等の活動が行われました。

  ・小山市
   小山市社協は9月11日に「小山市災害ボランティアセンター」を開設し、浸水した家の 家財搬出、 畳揚げ、 泥出
し 、清掃などのボランティア活動を行っています。
 
  ・栃木市
    昨日は181名のボランティアが、泥だし、家屋内外の片づけなどを行いました。
詳細については栃木市社協のホームページをご確認ください。
  
  ・日光市
   日光市社協は9月13日に「日光市災害ボランティアセンター」を開設し、被災家屋の片付けや清掃、被災された方の困り ごとに対する手伝いなどへのボランティア活動を行っています。
   9月14日より県外からのボランティアの受け入れを開始しました。

【茨城県】  
 ・常総市
  常総市災害ボランティアセンターでは、本日よりボランティアの受付を開始しています。

※専用駐車場は下記のとおり
第一駐車場:水海道流通センター
〒300-2512 茨城県常総市大輪町903-6

第二駐車場:大花羽小学校
〒300-2512 茨城県常総市大輪町386-1

第三駐車場:常総市青少年の家(準備中)
〒300-2521 茨城県常総市大生郷町1032-4

<ボランティアに関するお問い合わせ>
代表番号1:090-6568-6333
代表番号2:090-6568-6334
団体問合せ:090-6568-6455
メール:josovcenter@gmail.com
FAX :0297-22-7502

詳細は「常総市災害ボランティアセンター」ホームページ等を
ご確認ください。

・境町
 昨日は40名・1団体(10名)のボランティアにより、被災家屋の片付けなどの活動が行われました。

 ・つくば市
 新たなボランティア募集については、現在受付を一時休止しています。

【宮城県】  
 ・大崎市
  昨日は、41人・2団体(62人)のボランティアが活動しました。

 ・大和町
  大和町では、大和町社協が9月13日に「大和町災害ボランティアセンター」を開設し、本日よりボランティアによる活動
を開始しました。