災害ボランティア情報

災害ボランティアに関する情報をお知らせします。

【茨城県】
 ・常総市災害ボランティアセンター
  29日(火)は、694名のボランティアにより家屋の清掃やがれき除去等の活動が行われました。
  まだ多くのボランティアを必要とされており、現在、バスなどによる団体でのボランティア参加者を積極的に募
  集されています。
  また、茨城県が設置している茨城県災害 ボランティアセンター」では、本日30日(水)も支援物資の仕分けの
  ボランティアの募集を行っていますが、以降新規の募集予定はありません。
  県災害ボランティアセンターと常総市災害ボランティアセンターは、ボランティア支援をより効果的・効率的なものとす  るため、9月30日をもって統合し、ボランティアセンターの一本化を図られるそうです。

【栃木県】
 ・鹿沼市災害ボランティアセンター
  29日(火)は73名のボランティアにより、泥だしや屋内外の清掃、家具等の撤去が行われました。
  鹿沼市社協では今週も継続して被災された方を支援するために、特に10月3日(土)、10月4日(日)のボランティアを募  集されています。
  開所から30日(水)までに4,960人のボランティアさんが支援活動に携わってこられたそうです。
  10月13日(火)からは、鹿沼市社会福祉協議会に「生活応援窓口」を開設し、平日に相談を受け、週末にボランティア活  動を行う週末対応型に移行されるそうです。

 ・栃木市災害ボランティアセンター
  29日(火)は39名ボランティアにより被災家屋の片付け等の活動が行われました。
  センターに寄せられる困りごとは段々と少なくなってきているそうですが、今後も継続的な支援を行っていくために、10  月5日(月)よりセンターの場所と連絡先を変更されるそうです。それに伴う整理作業のために、10月5日(月)と6日    (火)はボランティアの受け入れは休止されるそうです。

【宮城県】  
 ・大崎市災害ボランティアセンター
  支援活動が収束に向かってきたことから、10月3日(土)をもって、大崎市災害ボランティアセンターを閉所し、10月5日  (月)からは、大崎市社協ボランティアセンターで引き続き被災住民の支援を行われるそうです。

 ・大和町災害ボランティアセンター
  ボランティア依頼が減少傾向にあることから、9月30日(水)に大和町災害ボランティアセンターを閉所し、10月1日    (木)からは、大和町社協にて引き続き被災住民の支援を行っていきます。

 ・栗原市社会福祉協議会
  発災当日(9月11日)以降、23件のニーズ(28日時点)に対して計142名のボランティアにより高齢者世帯等を中心に活動  を行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です