水俣フィールドワーク2日目

今日は、水俣フィールドワーク2日目。いろんな場所に行きました。
最初に行った水俣湾埋立地には、慰霊碑とたくさんのお地蔵さんが海に向かっていて、あたたかな表情の中にせつなさを感じました。
それから、熊本県環境センター、市立水俣病資料館へ。患者さんに寄り添ってこられた医師、原田正純さんのパネルもたくさんあり、本質は現場にしかないとの言葉に考えさせられました。
その後、語り部杉本肇さんの講話を聞きました。水俣という地名がついているために受けた偏見や水俣病と戦ったご両親のエピソードを伺いました。
心が揺さぶられるお話を、ぜひ嘉麻市でも聞きたいと思い、講演の依頼をしました。11月18日の支えあいのまちづくりサポーター養成講座にに来ていただくとこを了承していただきました。
それから、胎児性水俣病患者さんのために作られた乙女塚に行きました。胎児性患者が多発した昭和30年代、流産を繰り返した方が多かったそうです。ひっそりとたたずむ乙女塚に心がしめつけられました。
2日間にわたるフィールドワークで、今の仕事にひきつけながら、たくさんのことを感じることができました。
image

災害ボランティア情報

 栃木県鹿沼市では9月10日に鹿沼市社協が災害ボランティアセンターを開設し、災害復旧のためのボランティアを広く募集されています。
【受付時間】
 8時30分~9時00分まで
 直接又はお電話による受付。
【募集条件】
○ボランティア保険に加入していただける方(430円自己負担)
 ※保険の加入手続きは社協でできます
【服装・身の回りのものなど】
○衣服
・長そで、長ズボン(汚れてもよい活動着)
○長靴、作業時間以外に履く靴
○ヘルメットまたは帽子
○ゴーグル
○ゴム手袋
○マスク

小山市社協では小山市内在住の方を対象に9月10日からボランティアの募集されています。市内在住の方に限定して募集されていましたが、被害が甚大なため、広く市外の方からも募集されています。
場所 小山市役所
神鳥谷庁舎(小山市神鳥谷931番地3)
運営 小山市社会福祉協議会
連絡:0285(22)9501
募集範囲 高校生以上の方
受付 小山市福祉協議会地域福祉係
午前9時~午後5時
活動場所に直接行ってもらうことも想定しておりますので、必ず事前に電話連絡をお願いいたします。
活動日 9月12日(土)、13日(日)を予定 (受付:午前9:00~)
活動内容 浸水した家の畳揚げ、泥出し、清掃など(想定)
※その他ニーズに応じて異なる活動をお願いすることもあります。
用意・マスク、軍手、長靴等、怪我をしないような装備をご用意ください。
・スコップ、土嚢等片付けに必要と思われる器具をお持ちの方は持参ください。
・食料、水分その他体調管理に必要なものは、各自で持参ください。
・活動場所までの交通手段は、ご自身で確保していただきます。

茨城県常総市では、市街地が増水している状況でボランティアの受け入れが困難です。
必要になった場合はホームページでお知らせされるとのことです。

大雨被害状況に関する茨城県の状況

大雨被害に関して、茨城県内では、被災した市町社協において災害ボランティアセンターの置に向けた調整が行われているようです。ボランティアに関する問い合わせが非常に多く寄せられているようですが、茨城県社協及び被災地域の社協のホームページ等で情報がアップするまでお待ちくださいとのことです。