いざという時のために~災害用伝言ダイヤル~

大規模な災害が発生した場合、安否確認や見舞いなどの電話が急激に増加して、電話がつながりにくい状況が数日間続くことが想定されます。そのような場合に、被災地内の家族や親せき、知人などと安否の確認や緊急連絡をとれるようにするものです。

【具体的な利用方法】
 被災地の方が、自宅の電話番号宛に安否情報(伝言)を音声で録音(登録)し、全国からその音声を再生(確認)することができます。
 ●操作手順●
  ⑴171をダイヤルします。
  ⑵ガイダンスに従って、録音の場合は「1」を、再生の場合は「2」をダイヤルします。
  ⑶ガイダンスに従って、自宅(被災地)の電話番号、または連絡をとりたい被災地の方の電話番号を市外局番からダイヤルします。
  ⑷伝言を録音、再生します。
 ●注意点●
  ⑴伝言録音時間は、1伝言あたり30秒以内。
  ⑵一つの電話番号あたり、10伝言まで登録できます。
  ⑶伝言の保存期間は、登録してから2日間で、保存時間を過ぎると自動的に消去されます。
  ⑷提供の開始、登録できる電話番号等については、状況に応じてNTTが設定し、テレビやラジオ、インターネットで告知されます。

 【体験利用】
  災害時以外にも、体験できるよう「体験利用日」が設定されていますので、家族や親せき間で体験されてみてください。
 ●利用日●
  ・毎月1日及び15日 0:00~24:00
  ・正月三が日(1月1日0:00~1月3日24:00)
  ・防災週間(8月30日~9月5日17:00)
  ・防災とボランティア週間(1月15日9:00~1月21日17:00)
 ●提供条件●
  伝言録音時間:30秒   伝言保存時間:6時間   伝言蓄積数:10伝言

 

第3回稲築地区福祉推進員定例会

午前10時から稲築住民センター2階で平成27年度稲築地区福祉推進員定例会を開催しました。
活動の中で気づかれたこととして最近の詐欺の手口の巧妙化、熱中症についての話がありました。
担当地区内の一人暮らし高齢者のお宅を訪問した際に、北海道の水産会社を名乗る販売員が来たそうです。大手のデパートなどでも販売している商品を(食べ物)を安くで購入できると強引に売りつけようとしたそうです。その福祉推進員さんが名刺を見せもらったところ、会社の番号が携帯電話になっていたことから問いただすと、怒ったようにして、帰って行ったそうです。
他の福祉推進員さんからも電話がかかってきたという話をよく聞くという話もあり、こうした被害を未然に防ぐためには、手口の周知だけでなく地域での見守りが有効であると感じました。