第1回 住民ワークショップ

今日は、うすい人権啓発センターあかつきで、地域福祉計画策定のための住民ワークショップ(第1回目)が行われ、職員5名が参加しました。
行政区長や民生委員などの市民の方と、市役所職員などのメンバーで4つの地区のグループに分かれ、それぞれの「伸ばすべきところ」「変えたいところ」「やるべきこと」について意見を出し合い、模造紙にまとめて発表しました。
???????????????????????????????
人権意識が高いところが伸ばすべきところ、若い人との交流が少ないところが変えたいところ、既存の資源の有効活用がやるべきことなどといった、沢山の意見がありました。一人ひとりの視点から地域の福祉についての考えがあり、色々な気づきを得ることができたと思います。
???????????????????????????????
第2回目は、7月23日に開催される予定です。

在宅介護者の集いリフレッシュ事業

今日は、在宅介護者の集いリフレッシュ事業を実施しました。
参加された8名の中には、今回初めての方もおられ、行きの車中では自己紹介をしながら、最初の目的地である春日市クローバープラザへ向かいました。
クローバープラザでは、福祉用具展示室、生涯あんしん住宅を見学しました。
t20150709
参加者の皆さんは職員の方の説明を受けながら、わからないところや詳しく知りたいところは積極的に質問されていました。参加者からは「初めて見たものも多くてびっくりした」といった声や「今の介護の状況にあった福祉用具を見つけたので、さっそくケアマネジャーに相談して購入したい」といった声も聞かれました。
その後は、太宰府市の九州国立博物館で昼食、観覧し、帰路につきました。
次回の定例会は、8月20日(木)に稲築住民センターで開催する予定です。