市民後見人養成フォローアップ講座4日目

午後1時30分から市民後見人養成フォローアップ講座を開催しました。
これまでの3回は座学でしたが、今回3つの班に分かれたグループワークがメインということもあり、いつもとは少し違った雰囲気の中での講座となりました。
初めに、職員がアセスメントとは何かといったことや、その中で用いるジェノグラムやエコマップの作成のポイントなどを説明し、実際の事例を基にジェノグラム作成の演習を行いました。
その後二つの事例について、実際に支援計画を立てるグループワークを行いました。image1

image2
月に何回程度の支援を行うのが適当なのか、本人の気持ちや目標に沿った支援内容になっているか、例えば滞納やローンがある場合、どのような視点が必要なのか、などグループごとに様々な意見が飛び交っていました。
最後の30分間は、来週からいよいよ施設での実習がスタートするため、オリエンテーションを行い、実習中の留意点やスケジュールの確認等を行いました。
受講者のみなさんの実習の様子もまたお伝えしていきたいと思います。