支えあいのまちづくりサポーター養成講座(第3回)

午後1時30分から稲築地区公民館で、支えあいのまちづくりサポーター養成講座を開催し、50名の方にご参加いただきました。
IMG_6737
今回のテーマは、「新しい地域支援を考える」ということで、公益財団法人さわやか福祉財団のさわやかインストラクター石井義恭さんを講師としてお招きしました。
初めに、今回の介護保険改正によって、どのような点が変わるのかということについて話がありました。住民主体による生活支援・介護予防を必要とする背景や新しい住民の支えあいの仕組みづくりが重要となることなどについて、わかりやすく説明いただきました。
また、大分県臼杵市における高齢者のボランティアポイント制度の取り組みなどを紹介していただき、「地域支援」に関するイメージを膨らませました。
最後の部分では、どのように「地域づくり」の準備を進めていけばいいかといったことを具体的に示していただき、また「サービスづくり」から「地域づくり」、「待つ」から「創り出す」、「支援する側される側」から「できることを担う」というように発想の転換が必要であることを学びました。
今後、今回の講座にご参加いただいたみなさんをはじめ、地域の皆さんと共に、地域での取り組みを進めていきたいと思います。

鴨生町サロンにおじゃましました

今日は鴨生町サロンにおじゃまし、一緒に嘉麻市防災対策課の方のお話を伺いました。
まず、資料として平成24年九州北部豪雨のときの映像、被害状況、避難された方のお話などをまとめたDVDが上映され、災害が起こった際の初期対応が生死を分けること、日ごろからの防災に対する備え大切であることを学びました。
最後に、以前回覧板などで配布された防災マップを用いて災害が起きた時の避難所や避難経路を確認しました。

サロンに参加された皆さんは真剣に話を聴かれていました。

h2706261