第2回稲築地区福祉推進員定例会

午前10時から第2回稲築地区福祉推進員定例会を開催しました。
はじめに、社会福祉協議会会員募集に関するお願いをし、資材を配布しました。
その後の日常の活動の中で感じていることなどの意見交換の中では、サロン活動がマンネリ化してきていることから、新たな取り組みを取り入れるために、他のサロンを見学したいといった意見が出されました。
他の推進員の方からは、見学をしてほかのサロンの良いところを取り入れることも大切だとは思うが、規模やこれまでの歴史、参加者の構成などの違いがある。これまで行ってきた独自色を大事にした活動を続けていくことも大切だと思うといった意見もありました。また、地域の中での孤立を防ぐ取り組みの一つとしてサロンがあることを再確認して、継続していくことが大切といった話もありました。
今後も、各地区で行われているサロンが継続できるような支援を行っていくとともに、例えばサロンに来ることができない方等へのかかわりなど、福祉推進員のみなさんと一緒に考えていきたいと思います。