子育てリユースセンターからのご案内♪

日中は陽射しも強く暑い日が続いています。
山田ふれあいハウス内のリユースセンターでは、夏の子ども服をたくさん並べています(^O^)
???????????????????????????????
靴もサイズ、種類がいろいろあります(^O^)
???????????????????????????????
チャイルドシート、ランドセル、中学校等の制服もあります(^O^)
???????????????????????????????
子どもさんが遊べるスペースも少しありますので、お気軽にご利用ください♪
???????????????????????????????

《お問い合わせ先》
子育てリユースセンター(山田ふれあいハウス2階) ☎0948-52-1847
住所★嘉麻市上山田502-6
開館日時★月曜日~日曜日 9時~17時
 年末年始の12月29日~1月3日はお休みです。

口永良部島新岳噴火に伴う災害ボランティア情報

5月29日、午前9時59分、口永良部島新岳が噴火しました。
全島民に避難指示が発令され、屋久島島内に設けられた3か所の避難所等に避難されています。
屋久島町社会福祉協議会は、30日に避難生活支援ボランティアセンターを立ち上げられ、避難所やその後の避難場所での生活における困りごとに関する相談や情報提供を行うとのことです。
避難者数が限定的であること、また離島という交通環境等から、ボランティアの募集は屋久島内に限定されています。
なお、今後のボランティアや支援情報等については、このブログで随時更新していきます。

炭鉱の記憶

広報紙えがおの中で連載している「炭鉱の記憶」のコーナーが7月1日に発行するNO.114で、100号を迎えます。
これまで発行してきたものを見ていると、本当にたくさんの方から協力をいただいてきたからこそ、続けることができているのだなとしみじみと思います。
炭鉱で栄えていた頃を知らない私にとっては、このコーナーが始まった当初、取材に行っても、なかなか炭鉱自体のイメージがつかめず、当時使われていた言葉すらわからずに、そのたびに取材に協力いただいた一つひとつ教えていただいていました。
今でもわからないことだらけですが、取材を通じて、たくさんの方と出会って、当時のことを教えてもらったり、その時の思いを聞かせてもらったりして、本当にありがたいなと思います。
みなさま、これからもご協力よろしくお願いします。