稲築地区福祉推進員代表者会

午前10時から、稲築住民センター2階会議室で稲築地区福祉推進員代表者会を開催しました。
その中では福岡県内の今年の特殊詐欺被害額が過去最悪だった昨年1年間の2倍のペースで激増しているというテレビでの報道を受けて、その中で悪質な詐欺に引っかからないための地域での取り組みについての話になりました。
参加された福祉推進員さんの自宅にも頻繁に怪しい電話がかかってくるという方が多く、「誰も騙されようと思って、騙される人はいない。まさか自分は大丈夫とどこか他人事に思っている人が多いと思う」「もし騙されて詐欺にあったとしても、プライドもあって誰にも言えない人もいると思う。」「
サロンや地区の集まりで毎回注意を呼び掛けているといった意見や、今度福祉部で新たに新聞を発行するようにして、そのなかで注意を促していきたいといった意見もありました。
また、誰かに相談することができれば未然に防ぐことはできるはずなので、地域の中でそうした関係づくりを進めていきたいといった意見もありました。
6月7日(日)に開催する稲築地区福祉推進員定例会の中でも、意見・情報交換を行っていきたいと考えています。