平山ふれあいいきいきサロン再開に向けて

碓井の平山行政区のふれあいいきいきサロンは3年ほど前から休止状態となっています。
今日の午後、平山行政区の方から、「またサロンをしたいなと思いよって、みんなで集まってるから、来てもらえないだろうか」とご連絡をいただき、平山公民館にお邪魔してきました。
6名が集まられておられ、やりたいとは思っていても、自分たちに出来るかどうか不安だったことなどを話されました。
そこで、どんなサロンであればできるのかを話し合いました。その中では、もてなすサロンではなくて、みんなで協力して運営すること、食事の提供にこだわらないこと、参加費を徴収すること、気軽に集まれるサロンにすることなどの意見が出されました。
また、再開するにあたっては、もう一度行政区内の全員に呼びかけたいという意見も出て、チラシを作って、全世帯を回ってよびかけることとして、チラシに掲載する内容を話し合いました。
次回は、今月25日に参加者を募って、今後のサロンの運営方針等について話し合うことになりました。
参加された皆さんから次々と前向きな意見が出されて、私自身もとてもうれしくなる打ち合わせでした。。

鴨生第一サロンのミニ運動会

8日(金)に鴨生第一サロンではミニ運動会が開かれました。
ミニ運動会では普通の運動会でもよくある種目の玉入れ、パン食い競争などの他に、手先の器用さを競う競技や、大きなレイ(ハワイの首飾り)を手を使わずに体の動きだけでリレーしていく競技などのチームワーク競技が行われました。
紅組と白組に分かれた参加者の皆さんはそれぞれのチームを大きな声で応援していました。
競技が全て終わった後は炭坑節を踊り、互いの健闘を称えあっていました。
h2705113

大刀洗町からの視察

今日は、大刀洗町高樋地区の11名の方が、山野第一行政区高齢者支援ふれあいネットワーク委員会の取り組みの視察に来られました。
初めに、ネットワーク委員会委員長の永富健二さんが、委員会で取り組んでいる見守り活動やふれあいいきいきサロンの状況などについて説明されました。
その後、お互いの活動に関する意見交換を行いました。
その中では、サロンに参加できない方や見守り等の関わりを拒む方への対応、見守りの際の個人情報の取り扱いなど活動の中で課題となっていることなどをお互いに出し合い、予定していた時間を大きく超えてしまうほど、白熱しました。
参加された山野第一ネットワーク委員会の方は、他の地区の話も聞いてみないとわからない部分もたくさんあるので、とてもためになった。お互いに良いなと思う部分を活動に取り入れて、発展していけばいいですね」と話されていました。

t2705111