在宅介護者の集い定例会

午後1時から稲築住民センター2階会議室で、在宅介護者の集い定例会を開催しました。
今日は、主に7月に開催予定のリフレッシュ事業の内容について、話し合いました。
在宅で介護されている方が一人でも多く参加してもらえるようにと、皆さんで意見を出し合いました。
「あまり遠くに出掛けて疲れてしまうと、自宅に戻ってからの介護に影響が出てしまう」、「7月だと雨の可能性もあるし、暑いことも予想されるので、屋内の方がいいと思う」、「多くの方に関心を持ってもらうためには、研修も兼ねた方がいいのではないか」と様々な意見が出て、具体的な案を検討しました。
その後は恒例のフリートークです。
「入院して、せっかく体調がよくなってきているのに、直ぐに退院するように言われた。もう少しこのまま入院しておく方法はないだろうか。」、「施設に入所し、なかなか季節感を味わえなくなってしまったので、たけのこを持っていくと喜んでくれた」、「家の中で狭いところを車いす介助していて、ときどき柱などにぶつけてしまい、あざができてしまうことがある。そのたびに、デイサービスなどで虐待を疑われるのではないかと不安になることがある」など、様々な思いを語られていました。
来月は、5月14日(木)に山田ふれあいハウスで開催する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です