稲築地区福祉推進員定例会

とても寒い日が続いていますね。インフルエンザやノロウィルスが流行傾向にあるようです。さらに乳幼児が重症化しやすいRSウィルスも流行しているようです。体調管理には充分ご注意ください。

今日は、午前10時から稲築住民センター2階会議室で、今年度5回目となる稲築地区福祉推進員定例会を開催しました。

それぞれのサロンや地域福祉部の活動予定の確認や福祉推進員のみなさんが日ごろの活動の中で気づいたこと、5つのブロックに分かれて開催する懇談会の日程等について協議を行いました。

ゴミを出せない人や買い物したものを家まで運べない人など困りごとを抱えた人に対して、どのように支えていくかということについて、たくさんの意見が出ました。ある推進員さんは「ずっと家で暮らしたいと言っていた人が、できないことが増えてくると、近所の人や子どもには迷惑をかけたくないからという理由で施設に入ってしまうのが、寂しい。」という意見も出されていました。

地域の中での助け合いの関係を作り直していくことで、「ずっと家で暮らしたい」という思いをみんなで支えていくことができる地域づくりをみなさんと一緒に進めていきたいと思います。