地域福祉権利擁護事業

本会には、最近下記のような困りごとがよく寄せられています。
「毎日の暮らしに必要なお金の出し入れや毎月の支払いに自信がない。」
「物忘れが多く、通帳やはんこをどこい置いたのかわからなくなる。」
「福祉サービスを利用したいが、どうすればいいかわからない。」
先日も「入院生活が長くやっと退院したばかり。計画的にお金を使うことに自信がない。」と相談があり、訪問してお話を伺いました。
本会では、そのようなことで困っている方が安心して地域で生活を送ることができるようにお手伝いをする「地域福祉権利擁護事業」を実施していますので、申し込みをしていただき、通帳と印鑑をお預かりしました。今日は、その方と一緒に毎月のお金をどうやりくりしていくか、どんな生活をしていきたいのかを考えましたので、これから支援計画を作っていきます。
この事業の利用は増えていて、金銭管理のお手伝いをすることで在宅で安心して暮らせることができる方が多いことを感じています。いろいろな相談に応じていますので、ちょっと話を聞いてみたいなと思われる方は、下記までお問い合わせください。
嘉麻市社会福祉協議会 0948-42-051
また下記ページも参考にしてください。
http://kama.syakyo.com/kenriyougo.html