平成26年度市民後見推進研修会

今日は、山鹿市社協主催の平成26年度市民後見推進研修会に参加しました。
まず、基調講演があり、熊本家庭裁判所山鹿支部 主任書記官の美並朗さんから、『後見人の役割について』と題して、成年後見制度の後見事務や市民後見人の活用が期待される事案などについて、わかりやすく説明がありました。
image
その後は、グループワークがあり、公益社団法人成年後見センターリーガルサポート熊本支部が進行役をされ、『裁判所との連携•困難事例の対処法 •後見人のバックアップ体制の構築』について、4つのグループに分かれて話し合いました。
後見等業務遂行において、裁判所との連携はどうか、困難事例にはどう対応しているのか等につき、意見交換を行いました。
後見人としての心構えとして、本人の生活全体に関わっていること、本人の最善の利益の為であることを忘れないことを共有するなど、とても勉強になった研修会でした。