杉野ハンセン病資料室

image
今日は、ちくほう共学舎『虫の家』の杉野ハンセン病資料室に伺いました。ハンセン病を勉強するために見学させてもらえませんかと事務局長の高石さんに相談したら、快く引き受けていただきました。
高石さんから、展示のパネルや写真にそってハンセン病をめぐり何が起きたのかをわかりやすく説明していただきました。
ハンセン病についての間違った知識から様々な差別が生まれ、偽名を使い暮らさざるをえなかったこと、ホテルの宿泊拒否事件で被害者であるハンセン病患者が中傷されたことがわかる資料も見せていただきました。
ハンセン病の問題は終わっていないことを感じました。