高齢者虐待防止・権利擁護研修

春日市のクローバープラザで開催された高齢者虐待防止・権利擁護研修に参加しました。

午前中は、「高齢者虐待防止の実践について」というテーマで、大牟田市長寿社会推進課の梅本政隆氏による講義がありました。その中では、大牟田市高齢者・障害者権利擁護連絡会を立ち上げた経緯やその成果についても話があり、関係機関とのネットワークの必要性を深く感じました。また、虐待はシステム不全の一つの現象であるとし、誰がやったのかという悪者、犯人探しが重要なのではなく、家族や地域、社会にあるその原因や背景について考えていくことが重要であるとの話はとても考えさせられるものでした。

午後からは公益財団法人成年後見センターリーガルサポート福岡支部に所属されている司法書士の江島一栄さんから「権利擁護事業について」というテーマで、主に成年後見制度に関する講義があり、後見活動を行う上での注意点やポイントなどについて再確認することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です