市民後見人養成フォローアップ講座閉講式

今日は、6月に開講した市民後見人養成フォローアップ講座の最終日でした。
まずは、4月から支援員として活動している受講生5名が、支援員として活動して感じることを話しました。
人のお金を預かることの重さや利用者さんとの関わりの難しさを感じておられるようでした。
その後、木山事務局長から、講座を振り返り、レポートを読んでの感想や価値観を押しつけた支援になってはいけないこと、みなさんと一緒に市民後見人を目指していきたいことなどの話がありました。
11名の受講生のみなさんは、真剣な表情で最後の講義を聞いていました。
閉講式で、修了証をお渡しし、全七日間の講座が無事終了しました。
お疲れ様でした。