地域支えあい事業で

今日、地域支えあい事業の利用に関する相談を受け、Aさん宅を訪問しました。詳しい話を聞き、利用申し込み手続きを終えると、「いつか渡そうと思いよったんよ」と大きな紙袋を持ってこられました。

中身を見せてもらうと、ご主人が炭鉱に勤めていた頃の道具がいくつも入っていました。

以前訪問した時に、ご主人が炭鉱で働いていたという話を伺い、写真などはないか尋ねたことがありました。その時には見つからなかったそうですが、最近荷物を整理した時に物置の奥から出てきたそうです。

どれも貴重なものばかりで、とても興奮しました。これらの道具は今後広報紙でも掲載できればと思っています。

IMG_4765

 

IMG_4773

↑棹取りをされていたご主人が使われていた手鉤と笛

IMG_4769

↑山野の文字が入ったベルトのバックル

 

IMG_4777

↑キャップランプとバッテリー

IMG_4781

↑坑内に下る前、キャップランプを受け取るときに、渡す木札(表面には名前が書かれている)

IMG_4783

↑坑内を照らしていたランプ