ボランティアセンター(10日目)

7月19日(木)、 19名のボランティアさんが2件のお宅で活動されました。また、新たに3件の相談が寄せられました。
今までの相談の中には、家族でなんとかしようと頑張ってこられましたが、終わりの見えない土砂との戦い、時間の経過とともに溜まる疲れ、体も気持ちも限界に感じておられるようでした。
話を聞いた職員は「これ以上頑張らないでください。ボランティアさん達の力を借りましょう」と声をかけました。その言葉を聞いた瞬間、張り詰めた表情が柔らかく変わったそうです。
今日も暑い中、県内外の個人ボランティアさんや市内の社会福祉法人さん達が、ご家族の思いをくんで活動してくださいました。センターを出る際に、明日もまた来るからねと声をかけてくださるボランティアさんもいらっしゃいます。
センターには、みなさんの温かな思いが溢れています。

出前講座

7月18日、尾浦第一行政区で出前講座を行いました。予定では、介護保険制度についてでしたが西日本豪雨の発生から日も浅く、行政区内でも土砂崩れが発生したため、みなさんで防災をテーマに話し合いました。
水がどにように流れてどこの溝が溢れたか、防災無線が聞こえたか、空き家や草の伸びた住宅がどこにあるのかなど意見を出し合いました。その後避難準備から勧告、指示に変わっていく中で、みなさんさんは何をしていたのか、避難する際に必要なものなどを共有しました。
また、いざという時にみなさんが避難できるよう集会所の利用を望む声がたくさんあり、区長さんからは連絡先や手順などを教えてもらい、安心された様子でした。

ご協力をお願いします

今日もうだるような暑さの中、33名のボランティアさんが協力してくださいました。顔を真っ赤にして、汗だくになり活動されています。
センターに寄せられている相談の多くは、自宅の床下や敷地内に土砂が入り、生活に大きな支障が出ており、困っておられます。
1人でも多くのボランティアさんのお力が必要です。ぜひ、ご協力をお願いします。
なお、事前登録制となっていますので、まずはお電話ください。受付時間は9時〜17時です。宜しくお願いします。
嘉麻市災害ボランティアセンター
電話:0948-42-0751

ボランティアセンター(8日目)

7月17日、今日は連休明けということもあってかボランティアさんの数が減り、9名で2件の活動を行いました。

災害ボランティアセンターには、いろいろな問い合わせがありますが、先日は、ご自宅に土砂が入ってきた方のご近所さんからの電話がありました。
すでに現地調査に伺い、活動も終え、ニーズは完了としていましたが、他の困りごとが出てきたという相談でした。早速、再度ニーズ調査に伺いました。
ご本人を気にかけてくださっているあたたかさが電話口からも伝わってきました。
困っていてもなかなか言い出しにくい方もおられます。そんな時、近所の方の声かけはとても心強いです。
また、いろんな方のご協力があり、1人でも多くの方に、災害ボランティアセンターを知ってもらうことができました。
地域のみなさんのパワーを日々感じています(๑˃̵ᴗ˂̵)

事前登録の受付再開

嘉麻市災害ボランティアセンターでは、7月17日(火)9時から、電話でのボランティアさんの事前登録受付を再開いたします。
今日までに、延152名のボランティアさんに協力いただき、7件のお宅の活動を完了することができました。
しかし、センターには日々新しい相談があり、現地調査に伺うと、どのお宅も土砂が床下や敷地内に入っており、まだまだたくさんの方々のお力添えが必要な状態です。ご協力をお願いいたします。

ボラセン(7日目)ちょっと休憩

7月16日(月)、3連休の最終日となる今日も、ボランティアさんが駆けつけてくださいました。
作業4日目になるAさん宅では、1階の屋根部分まで埋まっていた土砂が、窓の半分まで見えるようになりました。
ボランティアさん達のお昼ご飯の様子です。

今日初めて顔を合わせたメンバーさんもたくさんいらっしゃいます。「どこから来たと?」と会話も生まれています。午後の活動は、更にチームワークが高まりそうです。

ボランティアセンター(6日目)

7月15日(日)、今日は 34名のボランティアさんに参加していただき、6件のマッチングを行いました。
ボランティアセンターを立ち上げて6日目となりましたが、気温が高くなり、天気の良い日が続いています。ボランティアさんも受付の時から汗をかいている様子でした。初めは2日程度の参加を考えていた方も、「早くAさんが安心して暮らせるようになれば」と継続して参加してくださりとても心強く感じました。

ボランティアセンター(5日目)

7月14日(土)、今日は3連休初日という事もあり、37名ものボランティアさんに参加していただき、4件の活動を行いました。
Aさん宅では、裏山の土砂崩れにより自宅の敷地に大量の土砂が流れ込み、地面や側溝が見えない状況でしたが、3日間続けて協力してもらった成果が実り、活動を完了する事ができました。
あるボランティアさんが、「みなさん1人ひとりが1日でもボランティアに参加したら、少しでも早く元の生活に近くのではないか、1年に1日くらい人のために活動するのも悪くないんじゃないか」という言葉がとても心に響きました。
ボランティアセンターを立ち上げてから、みなさんのあたたかい気持ちをを感じる毎日です。
明日は、4件の活動を予定しています。

 

ボランティアセンター(4日目)

7月13日(金)、23名のボランティアさんに協力してもらい、4件のマッチングを行いました。
今日は、九州北部豪雨や熊本地震で大きな被害が発生し、ボランティアセンターを立ち上げた経験のある東峰村社会福祉協議会や南阿蘇村社会福祉協議会からも、職員さんが応援に駆け付けてくださいました。

個人ボランティアさんの中には、東峰村や南阿蘇村のボランティアセンターで活動された方もおられ、思いがけない再会に嬉しそうにされていました。また、初めて会ったボランティアさん同士、声をかけ合いながら一緒に作業する中で、一体感も生まれました。
明日は、4件の活動を予定しています。夕方のブログでもお知らせしましたが、この週末は、既にたくさんのボランティアさんにご登録いただいていますので、事前登録の受付を一時停止いたします。

嘉麻市社会福祉協議会  0948-42-0751